AGA治療の洗礼【初期脱毛とは】この峠を越えない限り明るい未来はない

M字型の薄毛に悩むさえないアラフォー男がここに…

目内アキラ
目内アキラ

薄毛を治した~い!

という思いで明るい未来に期待を膨らませ、AGA治療を開始した「アキラ」と申します。

AGA治療を始めて2週間ぐらいが経過しました…

目内アキラ
目内アキラ

明らかに最近抜け毛が増えてきたんですけど…先生大丈夫なんでしょうか?

AGA治療の先生
AGA治療の先生

そうなんですねぇ。
はい、大丈夫ですよ。それは『初期脱毛』ですね。

目内アキラ
目内アキラ

初期脱毛!?な、、なんですか?それは?

ということで今回は

・AGA治療で初期脱毛とは
・AGA治療で初期脱毛の対策は
・身体に起きる症状は初期脱毛だけじゃない
・この噂は嘘!?誇張し過ぎなんです
・万が一身体に異常が出たら
・続けることに意味がある
・少しでも薄くなったら医師に相談
・AGA治療で初期脱毛とは『まとめ』

こちらの内容について詳しく書きます。

どうぞご覧ください。

AGA治療で初期脱毛とは

AGA治療 初期脱毛

AGA治療では

通常時より抜け毛が増えること

を初期脱毛といいます。

これはお薬の効果で、これから生えてくる元気な毛により押し出された、元々あった細い元気のない毛が抜け落ちる現象の事です。

AGA治療の先生
AGA治療の先生

薬が効いている証拠なので、一切心配しなくて大丈夫ですよ。

AGA治療で初期脱毛はなぜ起こるのか?

初期脱毛が起こる原因は

フィナステリドの効果

によるものです。

 

そもそもAGA(男性型脱毛症)とは、ヘアサイクルの乱れから髪の毛の成長期が短くなり、正常な状態よりも髪の毛が抜け落ちてしまうのが早くなってしまう状態のことをさします。

そこでフィナステリドを服用することにより、乱れたヘアサイクルから正常なヘアサイクルへと戻すのです。

その段階で、新しく太くて元気な髪の毛が生えてくるために、元々あった細く弱った毛が抜け落ちていきます。

これが初期脱毛が起こる原因です。

AGA治療で初期脱毛はいつから始まる?

個人差はありますが一般的には

2週間~2ヶ月の間に初期脱毛が始まる

という人がほとんどです。

 

人によっては全く初期脱毛を感じない場合もあります。

AGA治療で初期脱毛の期間はどのぐらい?

こちらも個人差があり

・2週間ぐらい
・2ヶ月ぐらい

と人それぞれです。

当然のことながら毛根や髪の状況、薬の効き方には個人差がありますからね。

いずれにしても初期脱毛は、ちゃんと薬が効いているという何よりの証拠で、状態的にはポジティブなことです。

 

これから髪を増やしたいと思っているのに、抜け毛が増えていくのを目の当たりにすると大変ショックかもしれませんが、そこは『鉄のハート』で乗り越えましょう。

 

こちらでプロペシアやミノキシジルのことを詳しく書いてます。

AGA治療で初期脱毛の対策は?

AGA治療 初期脱毛

AGA治療をしていくうえで初期脱毛の対策はというと

極力生活習慣に気をつける

これだけです。

初期脱毛で抜け毛が増えることは、避けられないことなので受け入れましょう。

 

期間は個人差がありますが2週間~2ヶ月の間です。

 

少しでも髪に良い習慣を送ることは

『これから生えてくる髪の毛にとっても良いこと』

だというのは間違いありませんからね。

実際にどういうところを気を付けていくかというと

・お酒
・タバコ
・睡眠
・ストレス
・食事バランス

これらの抜け毛の原因になることを、特に意識して生活しましょう。

 

例えば

・お酒を毎日飲む人は⇒2日に1回/3日に1回/お酒を辞める
・タバコを吸う人は⇒本数を減らす/タバコを辞める
・睡眠不足の人は⇒十分な睡眠をとる(6時間~8時間)※個人差あり
・ストレスを感じる人は⇒ストレス発散する(読書やカラオケ、運動、趣味など)
・コンビニや外食が多い人⇒栄養バランスを考えた食事をとる/自炊する

このように自分ができる範囲で少しでも生活習慣を見直すということは、髪だけではなく健康的な身体を作るのにも良いことです。

1本でも抜け毛を減らしたいのであれば、するべき行動はこれ。

 

初期脱毛の期間である、2週間~2ヶ月は我慢して乗り越えましょう。

よほど抜け毛が気になるとはいえ、明らかに見た目でわかるぐらい髪の毛が薄くなった!

という所まで行くことは可能性としてはあまり考えられません。

仮に抜けていく毛しか無かったのであればそういう心配もありますが、それと同時に生えてくる毛があるわけですからね。

発毛サイクルが正常に戻ってきているならなおさらなことです。

 

生活習慣の見直しはこちらの記事をご参考に。

身体に起こる症状は初期脱毛だけじゃない!?

AGA治療 初期脱毛

AGA治療を進めていくうえで、実際に起こる症状は初期脱毛だけではありません。

じゃあいったいどのようなことが起こるのでしょうか?

私の身に起きたことを2つだけお伝えすると

・タンが絡む
・ニキビができた

これらの症状が出ました。

これからAGA治療を始めるのであれば、どんな症状が身体に起こるのか気になると思います。

 

私はAGA治療でミノキシジルとフィナステリドを飲み始めてから、1週間で6つの体の変化を感じました。

どのような変化を感じたのか?

こちらの記事で詳しく書いています。

この噂は嘘!?誇張し過ぎなんです

AGA治療 初期脱毛

AGA治療のことを調べていると

AGA治療はED(勃起不全)になります!

のようなタイトルのサイトを見かけたりします。

これはプロペシア(フィナステリド)を服用するとなる副作用の一つです。

 

実際の所は可能性はあるものの、かなり低い確率(1%未満)で起こることだと言われています。

だから

AGA治療=ED(勃起不全)

ではないので、そこまで心配をする問題ではないと思います。

 

しかし可能性として頭に入れておくことはとても大事なことです。

治療をする前にメリットやデメリットを理解したうえで、ご自身の判断で治療を開始するのが一番良いことですからね。

 

皆さんも正しい情報を収集し、正しい判断ができるようにしましょう。

万が一身体に異常が出たら

AGA治療 初期脱毛

AGA治療中に身体の異変を感じたときは

薬の服用を中断し直ぐに医師に相談しましょう

ということです。

AGA治療の先生
AGA治療の先生

まずは電話で正確な症状をお伝えください。このまま治療を続けていけるか?など今後の治療方針について判断をいたしますので。

専門的なことは我々個人にはわかりません。

 

AGA治療で起こるであろうとされている症状と違う場合や、生活に支障が出るレベルでの重い症状が出た場合は、直ちに医師に相談して判断してもらいましょう。

続けることに意味があります

AGA治療 初期脱毛

AGA治療は続けることで効果が発揮するものです。

理由はこちら

3~6ヶ月で効果が出始めるから

です。

発毛のサイクルには時間がかかります。

 

だから服用を始めて直ぐに効果が出るものではありません。

1ヶ月、2ヶ月飲んでみたが、初期脱毛にビックリして服用を辞めてしまった…

なんて人がいたら本当に勿体ないです。

 

それだったら、ハナからAGA治療をしない方が良かったんじゃないかと思います。

だから少なくともAGA治療は

最低でも半年~1年は続けてください

どのくらい効果があるかは個人差がありますが、

実際の効果を肌で感じてみて下さい。

 

どのくらい継続すれば発毛するのでしょうか?

私の体験談を記事にしました。

少しでも薄くなってきたら医師に相談する

AGA治療 初期脱毛

AGA治療の一つのポイントでもあることがこちら

早期治療の方が治療の効果が得られやすい

ということです。

 

理由は一つ

死んだ毛根から発毛させることが難しいから

AGA(男性型脱毛症)が進行していくにつれて毛が細く弱って来て、最終的には毛根が死んでしまいます。

 

そしてAGA治療を始めても死んでしまった毛根に対しては、髪の毛の再生能力が弱まって反応しずらくなってしまっているため、効果が得られない場合がほとんどです。

AGA(男性型脱毛症)が進行していくと地肌が露出して行き、毛根が死んでしまった場所がどんどん増えて行きます。

 

残念ながらAGA治療では

再生能力が弱まった毛根から発毛させることは難しいです

 

だからAGA治療は、毛根の再生能力が弱まる前に行った方が、より高い効果が得られるのです。

なんか最近薄毛が気になってきたな~

という方は一度クリニックに診断をしに行ってみるのもありかもしれませんね。

 

手遅れになる前に…

AGA治療で初期脱毛とは『まとめ』

AGA治療 初期脱毛

AGA治療で初期脱毛についてお話してきました。

最後におさらいです

・AGA治療で初期脱毛とは
通常よりも抜け毛が増える時期で乱れたヘアサイクルが正常に戻るときに起こる症状。
・AGA治療で初期脱毛の対策は
普段の生活習慣を見直しましょう
・身体に起きる症状は初期脱毛だけじゃない
どの薬にも副作用はあります。そういったことも理解したうえで治療を開始しましょう。
・この噂は嘘!?誇張し過ぎなんです
AGA治療=ED(勃起不全)というのは間違い、限りなく少ない確率を誇張しすぎているので正しい情報を理解しましょう。
・万が一身体に異常が出たら
直ぐに医師に相談してください。状況を伝えて医師の判断に従ってください。
・続けることに意味がある
AGA治療は最低でも6ヶ月~1年は続けましょう。
・少しでも薄くなったら医師に相談
早期治療がより高い効果を得られるポイント。薄毛が少しでも気になったら無料カウンセリングで相談しましょう。

AGA治療を行った人の

約2割⇒満足いく効果が得られなかった
約8割⇒発毛効果を感じられた

このようなデータが出ております。

AGA治療では、あなたのゴールをどこに置くかによって満足度は変わります。

30年前である20代の時のフサフサの髪の毛に戻りたいんだ!

せめて5年前の状態には戻ってほしいなぁ…

発毛効果は人それぞれAGAの進行度合いが違うのと同じで、必ず個人差があります。

そして少なからず言えることは

 

何もしなければ薄毛に向かって行く…

 

という現状を食い止めることは、現代の医学では可能だということ。

5年後、10年後のあなたの髪はどんな状態でしょうか?

よ~く想像してみてください。

今よりも薄くなっているのでは?

というネガティヴなイメージを持たれましたか?

その時に感じるであろうストレスを防ぐことは今しかできません

もうしばらくの間は、何も気にせず笑って過ごしたいですよね。

 

AGA治療の費用のことについてはこちらをご覧ください。

 

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました