遊園地でバイトすることのメリットとデメリット

子供の頃、誰もが一度は家族や友人などと共に遊園地を訪れ、大人になるまで残るような楽しい思い出を育んだことがあるはずです。その楽しい思い出が後々まで残っていると大人になって遊園地でアルバイトをしてみたいと感じる人も決して少なくはないはずです。実際にバイトとして働くと今までの感じていた良いイメージと逆に悪い現実などに直面する事もあります。現実に働く場合には給料をもらう以上、仕事である事には変わりがありませんので、理想だけを追うのではなく、実際にどのような環境で働く事になるかなど事前に把握をしておいた方が良いです。そこでここでは、働く際に考えられるメリットとデメリットについてできるだけ詳しく紹介していきたいと思いますので、参考になればと思います。

遊園地でアルバイトをするメリット

まず考えられるメリットとしては、アトラクションなどに試乗する事ができたり、施設の入場料や乗車料が無料になる場合があります。その上で、休日の何時ぐらいが混み、平日の何時ぐらいが混まないなど働いていなければ知らないような情報も知る事ができます。子供が好きな方にとっては非常に楽しい仕事場になります。やはりお客の多くが子供である事が多いので、子供の笑顔を見ながら楽しい時間を過ごすことができるはずです。主な仕事の内容として接客が大半を占めると思いますので、多くの人と接する事によってコミュニケーション能力を高める事にもつながります。ここの能力に応じて待遇が決められるのもメリットの一つです。仕事を熱心に行い仕事ぶりが認められれば、昇給や臨時ボーナスなどの期待できます。

遊園地でアルバイトをするデメリット

デメリットとして一番辛いと考えられるのは季節による仕事の過酷さです。アトラクションが設置されているのはほとんどが屋外の場合が多いと思います。売店などの室内は冷房や暖房がついていて快適な環境もしれませんが、屋外のアトラクションでは一日中直射日光を浴びている場合も少なくはありません。当然ながら夏場は酷暑の中でも仕事となりますし、冬場は極寒の中で働かなければならない事も多くあります。また、自分自身が常に笑顔でいなければなりません。お客は日頃の喧騒から解放されたくて訪れる場合も少なくありませんので、スタッフがまず楽しい雰囲気を出さないとがっかりしてしまいます。その為、どこにいても常に見られている事を意識して、笑顔を絶やさない様にしなければなりません。